竹岡圭さんによるNBOXの試乗動画です。

NBOXの試乗動画(竹岡圭)

NBOXの試乗動画(竹岡圭)

NBOXに竹岡圭さんが試乗している動画を紹介します。

 

 

ホンダから新しく登場しました、凄く背が高いハイトワゴンNBOXを試乗したいと思います。

 

このように背が高いハイトワゴン、ホンダに有りそうで実は無かったんですよね。

 

どういう秘密があるかと言いますと、ホンダが得意としているセンタータンクレイアウト、低床フラットフロア、これを軽自動車には盛り込んでいませんでした。
コンパクトながら、室内を広く取れるのがポイントです。

 

燃料は意外と重いのですが、床下の真ん中に来ることで、運動性能的なバランスにも良いです。

 

 

低床で低重心であるため、走りはとても安定しています。

 

エンジンは2種類のタイプがあります。

 

新開発のDOHCエンジンは、力強くて気持ちの良い走りができますよ。

 

新開発のターボエンジンは、低回転から力を発揮できるので、発進加速が素晴らしいです。

 

アクセルを踏まなくても、一定のスピードで走ることができるクルーズコントロールが標準装備されています。

 

 

インテリアを黒を基調としてあります。

 

トランスミッションはCVTです。

 

ターボモデルには、パドルシフトで7速を操作できます。

 

メーターはエコ運転を支援してくれます。

 

真ん中のリングが緑になれば、エコ運転をしているということです。

 

街中では当然ですが、高速道路においても力強いので運転が楽です。

 

 

ホンダの軽自動車は、代々、視界が良いというのがポイントになっています。

 

Aピラーに大きく窓が取られているので、カーブを曲がるときや、交差点を曲がるときに死角が少なくなります。

 

面白いのが、左のピラーに付けられたピタ駐ミラーです。

 

ピタッと駐車できるのが、ピタ駐ミラーです。

 

これのおかげで、運転席からは見えない死角の部分が、左の前まで見ることができます。

 

真後ろにもピタ駐ミラーが付いていまして、後のバックドアに付いているのですが、ルームミラーを通して真後ろを見ることができます。

 

ミラーでやったというところが、NBOXの面白いところです。

 

 

リヤシートを倒すのもダイブダウン式で倒せます。

 

ワンアクションで、座面ごと下に下がって、この位置がまた低いですよね。

 

ラゲッジは後ろから見ていただくとわかると思いますが、開口部も凄く低いので大物の荷物の積み下ろしもしやすいです。

 

シートアレンジ的には、座面を上にチップアップすることもできます。

 

軽自動車では、このようにシートをチップアップして室内高を保って荷物が積めるというのは、NBOXだけです。
ここが特徴です。

 

 

軽自動車で一番売れているハイトワゴンというカテゴリー新しく参上したNBOX、この人気市場をどのようにかき回してくれるのか?楽しみですね。

 

乗ってみたら、何て広いの、何でも積めちゃうNBOXでいかがでしょうか?

関連ページ

スラッシュ 試乗動画
NBOXスラッシュを試乗している動画です。ホンダNBOXスラッシュが気になる方はこの動画をご覧ください。
ホーム RSS購読 サイトマップ